menu

玉ねぎの皮茶でダイエット!

簡単!玉ねぎの皮茶の作り方。自宅で手作りしてみて!

玉ねぎの皮茶は、自宅で手軽に作れます。準備する材料は、玉ねぎの皮5個分と水1リットルです。玉ねぎの皮を煮出した煎じ汁をそのままお茶として飲むので、安全性にこだわりたい人は、できれば有機・無農薬栽培の玉ねぎを選ぶと安心です。使用する鍋は、酸化や変性の心配をせずに使えるステンレスかホーロー製のものををおすすめします。

では詳しい作り方を説明しますね。玉ねぎ5個分(小さめの玉ねぎなら6個分)の外皮をむき、傷んでいるところは取り除きます。最初に玉ねぎを縦半分割りに切ってから外皮(茶色に色づいている部分)をむくと、むきやすいうえに無駄も出にくいです。むいた外皮はざるに入れて、流水できれいになるまでよく洗います。

キッチンペーパーなどに包んだ上からぽんぽんと軽く叩いて水気を取り、重ならないように平ざるに広げて、そのままカラカラになるまで、3日から4日陰干しします。乾燥した外皮を鍋に入れ、水1リットルを加えて蓋をして火にかけます。沸騰するまでは中火から強火で、沸騰したら火加減をとろ火に落として、そのまま10分間煮出します。10分煮出したら火を止め、茶漉しで出し殻になった外皮を漉します。玉ねぎの皮茶の出来上がりです。

このままストレートで飲むこともできますが、苦味を感じて飲みにくいと感じる人も少なくありません。その場合は、お茶や水、お湯で飲みやすくなる程度に割って飲むことをおすすめします。ホットでもアイスでも、玉ねぎの皮茶の健康成分であるケルセチンは問題なく摂取できますので、季節を問わず自分の好きな飲み方で、気長に飲み続けることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事